【Word】隠し文字の削除方法

一括置換による翻訳(上書き翻訳)用に、いくつかのマクロをご紹介してまいりました。

一括置換翻訳の支援ソフト「ぱらぱら」

を用いる場合を想定しています。

原文データを見ながら翻訳するためのマクロ

原文データを見ながら翻訳するためのマクロ(その2)

さて、訳文が完成したあと、隠し文字を削除して原文データにしたいですよね。

その方法をご紹介します。

1.「検索と置換」ダイアログボックス

置換のタブを表示して、検索する文字列のフォントの設定画面を開きます。

[検索と置換]ダイアログボックス

2.フォントの書式設定ダイアログボックス

隠し文字のチェックをオンにします。

フォントダイアログボックス

3.一括置換

上記の設定により、検索する文字列の書式が「隠し文字」となっているはずです(下図参照)。

検索する文字列と置換後の文字列をともに空欄のまま「すべて置換」とします。

すると、文書の中の隠し文字がすべて削除されます。

[検索と置換]ダイアログボックス

トップへ戻る