【アドイン】無効なアプリケーションアドインを有効にする

ときどき、何らかの理由からWordのアドインが無効になってしまうことがあります。

そうすると、Wordを立ち上げても[アドイン]タブにボタンが表示されないので、アドインを使えません。

その場合の元に戻す方法を紹介します。

[オプション]ダイアログボックスの表示

[Alt] → [T] → [O] と1つずつ順番に押して、[オプション]ダイアログボックスを表示します。

または、[ファイル]タブからバックステージビューを表示して、以下の[オプション]ボタンをクリックしても[オプション]ダイアログボックスを表示できます。(Word 2013の例)

左側の項目で[アドイン]をクリックします。

赤矢印で示したように、画面の一番下の項目に「無効なアプリケーションアドイン」という項目があります。ここに、現在使えなくなっているアドインのテンプレートファイルが表示されています。

「無効なアプリケーションアドイン」にない場合には、「アクティブでないアプリケーションアドイン」にテンプレートファイルが表示されているかもしれません。

アドインファイルが見つかりましたか?たとえば、色deチェックの場合には、「mwm_IroDeCheck.dot」と表示されます。

無効なアプリケーションアドイン

[使用できないアイテム]ダイアログボックスの表示

画面最下部にあるプルダウンメニューから、[使用できないアイテム]を選択します。

無効なアプリケーションアドイン

[設定]ボタンをクリックすると[使用できないアイテム]ダイアログボックスが開きます。

ここで、先ほど無効になっていると表示されていた項目を選択し、[有効にする]ボタンをクリックします。

無効なアプリケーションアドイン

Wordを再起動

アドインが動くはずですがどうでしょうか。

Wordを再起動して、再度[オプション]ダイアログボックスから「無効なアプリケーションアドイン」を確認してみます。

上記の操作の後には、「無効なアプリケーションアドイン」の項目からアドイン名が消えているはずです。

お試しください。

関連記事

コメント

  1. 喜多暢之 より:

    非常に助かりました。DLLファイルをCopyして、該当のフォルダに入れてみたり、修復ツールを使ったりしましたが、できませんでした。きちんと、機能としてついていたんですね。そして、それを管理できるようにシステムが作られていることがわかりました。

    • 新田順也 より:

      喜多暢之さん

      コメントをありがとうございます。お役に立てて何よりです!

トップへ戻る