【Word】テキスト形式で張り付けをするようにショートカットキーを設定する

この内容については、これまでWordのボタンで実行する方法を紹介してきました。

参考記事:【Word】テキスト形式で貼り付ける方法

また、クイックアクセスツールバーを使った設定方法についても紹介しました。

参考記事:【Office】テキストのみ保持して貼り付けをショートカットキーで実行する

今回の記事では、ショートカットキーのカスタマイズ機能を使った設定方法を紹介します。

この記事でできること

[Alt]+[T]のショートカットキーに、「テキストのみ保持して貼り付け」機能を設定します。一度設定すれば、今後、設定したWordでは、[Alt]+[T]を押すとクリップボードの内容がテキスト形式で張り付けられます。

ショートカットキーのカスタマイズ方法

まずは、[オプション]ダイアログを開きましょう。[ファイル]タブをクリックしてバックステージビューを表示します。

[オプション]ボタンをクリックします。

ちなみに、[Alt]→[T]→[O]の順番にキーを押しても[オプション]ダイアログを表示できます。

[オプション]ダイアログでは、[リボンのユーザー設定]を選択してショートカットキーの[ユーザー設定]ボタンをクリックします。

すると、[キーボードのユーザー設定]ダイアログが表示されます。

[分類]欄[すべてのコマンド]を選択します。

②右側の[コマンド]欄でテキスト形式で張り付けに対応する[PasteTextOnly]を選択します。

割り当てるキーを押してください]欄にカーソルを移動して[Alt]+[T]を押します。

[割り当て]ボタンをクリックして設定します。

マクロの機能を特定のキーに割り当てるのと同じ操作ですね。

参考記事:【動画】Wordマクロをショートカットキーで実行する

ぜひお試しください。

応用技

今回は、テキスト形式で張り付け機能をショートカットキーに設定しましたが、Wordのほかの機能もショートカットキーで実行できるように設定できます。

この場合、希望の機能のコマンド名を調べる必要があります。

大変便利なサイトがあります。こちらをご覧ください。

Wordの「コマンドマクロ」一覧 – 谷本玲大のページ

たとえば、選択されている文字列に蛍光ペンを設定するコマンドは、Highlight です。

このようなカスタマイズでWordがどんどん便利になります。

関連記事

トップへ戻る