【Word】ノーマルテンプレート(Normal.dot)を保存する方法

Wordマクロを楽しみ始めると、ひょっとしたら遭遇するかもしれないのが、ノーマルテンプレート(Normal.dotやNormal.dotm)の不具合です。

このようなときに、いったんノーマルテンプレートを削除すると、不具合が解消される場合があります。Wordをわざわざインストールをし直す必要はありません。

Wordが不具合で動かなくなってしまったときのために、ノーマルテンプレートを安全に管理しておくことが大切です。

ノーマルテンプレートの不具合の考えられる原因

マクロの記録をすると、このNormal.dotにマクロが書き込まれます。またはネット上のマクロを登録しても、通常はこのNormal.dotに書き込まれます。

その後、マクロを修正して保存を繰り返すうちに、Wordの動きが不安定になったり、マクロがかつてと違う動きをしたりと、不具合が起きることがあります。

また、別の理由からも不具合が起こりうると思います。

私は、Wordを2003、2007、2010の異なる3つのバージョンを同じパソコンにインストールをしていますが、それ以来、何度かWordが不安定になることがありました。

対策

不具合への応急処置です。

様々な理由から不具合が起こりうるので、私は原因の特定はできません。よって、ここでは、不具合があった場合に、マクロの一部を復活させる方法を紹介します。

考え方

安定に動いているノーマルテンプレートをバックアップとして保存しておき、不具合があったら、このバックアップのテンプレートからマクロを移動します。

バックアップの手順

(1)ノーマルテンプレートが保存されるフォルダを開く

かつてもご紹介したことがあるのですが、以下のマクロを実行すると、ノーマルテンプレートが保存されるフォルダが開きます。


Sub ユーザーテンプレートフォルダを開く()
 Shell "C:\Windows\explorer.exe " & Options.DefaultFilePath(wdUserTemplatesPath), vbNormalFocus
End Sub

このフォルダが開いたら、今後、簡単に開けるように、フォルダのショートカットを作成しておくといいでしょう。

(2018/05/23に追記)
マクロの登録や実行に不慣れな方は、以下の例を参考にしてフォルダを開いてください。
CドライブにWordをインストールしている場合の例です。
ユーザー名を適宜変更してください。
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Templates

(2)ファイルをコピーする

開いたフォルダにあるNormal.dot (Word 2003まで)や、Normal.dotm(Word 2007以降)を、保存用のフォルダにコピーします。

このとき、ファイル名に日付を付けてもいいかもしれません。

もし、Wordが不調になったら。。。

Wordが起動しない場合や、Wordのマクロがうまく動かなくなってしまった場合には、ノーマルテンプレートが壊れている可能性があります。

そのときには、先ほど作ったユーザーテンプレートフォルダへのショートカットをダブルクリックしてこのフォルダを開いて、ユーザーテンプレートを別のフォルダに移動します。

そして、Wordを再度起動してみてください。

Wordを起動すると、自動的に新しいノーマルテンプレートが作成されます。

その後、古いノーマルテンプレートに保存されているマクロをモジュールからコピーすれば、新しい環境で使うことができます。

関連記事

トップへ戻る