Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/xsvraction/wordvbalab.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/xsvraction/wordvbalab.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
【セミナー参加者の声】Wordマクロセミナー(プログラミング編) | みんなのワードマクロ

【セミナー参加者の声】Wordマクロセミナー(プログラミング編)

4月と6月に開催いたしましたWordマクロセミナー(プログラミング編)を受講いただいたみなさまの感想です。

ご許可をいただいた方々の感想のみを掲載させていただきます。

より多くを持ち帰っていただけるよう、想定している予備知識や、セミナーの内容を今後検討していきたいと思います。

事後アンケートにご回答いただきましたみなさま、どうもありがとうございました。

イケてる 特許翻訳者 70代男性  YG様

自分でも分かりそうだ、自分でもやってみようという気になるように教えていただいたと思っております。独学では、このレベルに達するのに、かなりの時間がかかると思いました。セミナー終了後に、さらに、補足の資料をお送りいただきありがとうございました。

イケてる 藤野様

プログラミング編ということで、Excelマクロを勉強したので、すでに知っている内容でしたが、「よくまとまっている」(特に文法編)と思いました。しかし、まったくVBA初心者には、あの内容を短時間で消化するのはちょっと難しいかなという気がしました。

画面を分割して、VBE画面と通常の画面を同時に表示するとか、経験者でしかわからないちょっとした小技の紹介がうれしかったです。

全般的に知っている内容だったので、前回の超入門編のほうが、「Wordマクロってこんなことができるんだ!」とインパクトが強かったです。私は超入門編とプログラミング編を両方受けましたが、どちらか一方を選ぶなら、超入門編のほうが得るものが大きいと思いました。VBAを知っている人は超入門編を飛ばして、いきなりプログラミング編を受けることも考えると思いますが、超入門編を飛ばすべきではないと思います。

イケてる 翻訳者 CE様

マクロって楽しいな~と思いました。

今まではネットで見つけたマクロしか使っていませんでしたが、簡単なものなら、これからは自分で作る気満々です(笑)

ワードの機能をもっと勉強したいとも思いました。

ワードでは訳文や見積書・請求書の作成がメインですが、他にFAXや名刺やイベントのポスターも作ったことがあります。ワードの機能を自分で適当に触って使っていましたが、まだまだ知らない機能が多くて、マクロを作りにはまずワードの機能をもっと調べて、ワードと仲良くする必要があると感じました。

当日多少ついていけない部分もありましたが、資料をゆっくり読み直してみたら「なるほど」と納得しました。

セミナー後に配付された当日のまとめ資料は素晴らしい!復習するのに貴重な財産です!

イケてる 特許校正者様 女性

参加したおかげで、マクロを少しでも読み解くことができるようになり、今まで霞がかっていた部分がはっきりしてきた感じです。自分で工夫できる部分が増えて、これからどんな風にマクロを使っていくかが楽しみです。

イケてる 赤池 瞬様

マクロを学ぶよい契機を与えていただき感謝しています。

「実務者としてマクロにどのように接すればいいのか」というお話を伺えたことも非常に嬉しく思っております。これからは気楽に、気長にマクロとつき合っていきたいと思っております。

イケてる 匿名希望様

・期待通りの内容でしたので、参加前の問題(Wordマクロを作成・改造したいがコードの書き方がわからない。VBAを勉強したいが、手ごろな文献がなく勉強する時間もない。)は解決されました。ありがとうございました。

・少ない時間でも実務的に必要な内容が一通りカバーされているところがよかったと思います。

・超入門編、初級編、中級編など、もう少しクラス分けをしてもよいかもしれません。今回のようなセミナーは、幅広いバックグラウンドの人たちが参加できてよいですが、初級編、中級編などに分かれていると、クラスによって、内容を絞ったり、より高度な内容までカバーしたりできると思います。

関連記事

セミナーの受講生の声 まとめ

Wordマクロのセミナーのご案内

トップへ戻る