【Word】[検索と置換]ダイアログボックスで書式を設定するショートカットキー

昨日の記事「【Word】[検索と置換]ダイアログボックスの文字入力欄にコピペをする方法 」へのKさんからのコメントに関連して記事にします。

1. 書式の設定もショートカットで
検索用・置換用の文字列をコピペすることのほかに、
それらの文字列の書式を設定・解除することも、
通常の文字入力の際に使用するのと同じショート
カットキーを使って出来ますね。

例:
[Ctrl]+[B] 太字
[Ctrl]+[U] 下線
[Ctrl]+[I] 斜体
[Ctrl]+[スペース] 書式解除

※書式設定の解除は「オプション」の[書式の削除]ボタンででも。

イニシャルK (@特許事務所)

Word の「検索と置換」ダイアログボックスは非常に強力なツールです。

文字の書式で検索をしたり、または置換後の文字列に書式を付けたりすることができますからね。

前回の大阪でのワードマクロ勉強会 ではワイルドカードの検索と置換をテーマにしましたが、これを使えば、さらに幅の広い検索や置換が可能になります。

さて、「検索と置換」ダイアログボックスで書式を簡単に変更する方法です。

通常の設定方法

検索と置換ダイアログボックスで、①オプションボタンを押して、②書式ボタンを押して、③フォントを選択します。

[検索と置換]ダイアログボックス

以下のダイアログボックスが表示されますから、検索対象とする文字の書式を選択することができます。

例えば、スタイルという項目(赤枠)では、太字や斜体を選択できます。

[検索と置換]ダイアログボックス

ショートカットキーで行う設定方法

以下の通りKさんから教えていただいたように、ショートカットキーで設定ができます。

例:
[Ctrl]+[B] 太字
[Ctrl]+[U] 下線
[Ctrl]+[I] 斜体
[Ctrl]+[スペース] 書式解除

単純に、上記のショートカットキーを押せば、書式が設定されます。

設定されたかどうかの確認は、検索する文字列の文字入力欄の下を見ればわかります。

[検索と置換]ダイアログボックス

上記のように、太字、斜体、下線が設定されました。

ここで[Ctrl]+[スペース] とすると書式が解除されます。お試し下さい。

注意事項

置換をする場合には、ショートカットキーを押す前に、検索用の文字に書式を設定するのか、または置換用の文字に書式を設定するのかを選択する必要があります。

それは、文字入力欄にカーソルを合わせればできますね。

関連記事

ショートカットキーの目次

トップへ戻る