【コード】KWIC Finderを操作するWordマクロ

「過去の翻訳資産の活用」ってよく言われています。

翻訳メモリはその方法として有名です。

今日は、翻訳手法として翻訳メモリを使わない人でも、過去の翻訳資産を活用できるヒントを紹介します。

KWIC FinderとWordとの連携です。

KWIC Finderについては、かつて紹介したことがありました。

KWIC Finder 過去案件の有効活用(シェアウェア紹介)

KWIC Finderとは、ファイル内のテキストの串刺し検索ツールです。Grep検索と呼ばれる機能ですね。

テキストエディタソフトとして有名な秀丸についていますね。秀丸ではGrep検索の対象がテキストファイルに限定されています.

KWIC Finderでは、ファイルの種類を拡張して検索できます。Word文書だけではなく、ExcelやPowerPoint、PDFなども対象にできます。スゴイです。

非常に便利なツールです。デスクトップだけではなく、サーバー上のファイルも検索対象にします。

そのようなわけで、このKWIC FinderをもっとWordから活用するためのマクロです。

このマクロでできること

Wordで選択した文字列に対して、KWIC Finderで検索をして結果を表示します。

Google検索用のマクロのような感じですね。

ファイル名、ファイルの種類を指定した検索ができます。

マクロの解説

8行目に、KWIC Finderのアプリケーションのパスが記載されています。

これは、みなさんのパソコンによって異なります。探し方は、、、今回は書きませんがいずれ紹介します。

Program Files のフォルダに入っています。

11行目で、検索の設定をします。

ここを工夫すると、ファイルの種類、ファイル名を設定できます。

現在の設定では、ファイル名に「_EJ」を含み、ファイルの拡張子は、「.dot」や「.dotx」であるファイルを指定して検索できます。

つまり、私は、「○○○_EJ.doc」として英日翻訳の過去ファイルを保存しています。よって、このファイルを対象にして検索がなされるわけです。

このあたりは過去ファイルの保存方法(保存名、保存場所もいろいろですね)によって工夫したらいいかと思います。

なお、フォルダの指定は、KWIC Finderでします。

また、多重起動がされないように設定するといいと思います。この設定をしないと、複数のKWIC Finderが開いてしまいます。

[設定] メニュー → [オプション] → [環境] タブ で設定画面が開きます。

設定方法はこちら

マクロ


Sub KWIC_Finder_EJ()

 Dim KWIC As String
 Dim myKWICPath As String
 Dim SearchWord As String
 
 'KWIC Finderのアプリケーションの保存先
 myKWICPath = "C:\Program Files (x86)\kwic\kwic.exe"
 
 '英日ファイルの検索
 KWIC = myKWICPath & " /pat=*.doc;*.docx /name=_EJ /search="
 
 '文字列の選択
 If Selection.Type = wdSelectionIP Then
  SearchWord = ""
 Else
  SearchWord = Selection.Text
 End If
 
 'KWIC Finderの起動
 Shell KWIC + """" + SearchWord + """"
 
End Sub

関連記事

KWIC Finder 過去案件の有効活用(シェアウェア紹介)

コメント

  • 2. Re:無題
    >Sakinoさん

    コメントをどうもありがとうございました。
    新しいマシンがどんどんパワーアップしていきますね。楽しみですね。

    私も、KWIC Finderは便利で使っています。過去案件を見るときには便利ですよね。

    確かに、辞書を引くような感覚ですね。
    ヒントをいただきありがとうございます!

  • 1. 無題
    新しいマシンにして、パワーアップしたので、(色の移行でうろうろしたのは別として)、楽しみにしていたこのマクロをまず最初に導入しました。過去のジョブを「調べる」「チェックする」でなく、辞書代わりにどんどん「引ける」のは、ほんとうにありがたいことです。……手間をかけて損をした的な感覚なしに「あ、やっぱりこの語彙・表現って使ったことがないんだ」「えぇっ、すっかり忘れてたじゃん」というようなものも手軽に確認できるようになりました。

    ありがとうございます。

    Sakino

トップへ戻る