【Word 2016】以前のバージョンに戻す方法

前回の記事「【Word 2016】置換機能に不具合」にて、Wordのバージョンが古い場合には不具合が起きていないことを説明しました。

Microsoftのサポート記事「以前のバージョンの Office 2013 または Office 2016 クイック実行に戻す方法」を参考にして2018年8月14日のバージョン(ビルド10325.20118)に戻したところ、不具合が解決されました。

少し手間ですが、Wordが使えないと仕事にならないと思いますので以下記載の方法にてWordのバージョンを戻してみてください。

かつての記事「【アドイン】Office 更新プログラムによる不具合の解決方法 」を修正して今回の不具合に対応するようにしました。

1.Officeの自動更新を無効にする

まずは自動更新を無効にします。そうしないと、今回の記事でせっかく古いバージョンに戻したのにまた自動的に最新版になってしまいます。

まずはバージョンの確認です。[ファイル]タブからバックステージビューを開きの[アカウント]をクリックして、以下の情報を表示します。

以下のように[更新を無効にする]を選択します。

無効にすると以下のような表示になります。

今後アップデートが必要な場合には、また自動更新を有効にしてください。

2.古いバージョンに戻します。

コマンドプロンプトというウィンドウを表示して操作をします。この操作が初めての方には精神的なハードルが高いと思いますが、思い切って実行してみてください。

[Windows] + [Q] を同時に押して、Windowsの検索機能を起動します。

ここで、半角でcmdと入力すると、コマンドプロンプトが見つかります。

コマンドプロンプトのアイコン上で右クリックをして、[管理者として実行]を選択します。

アップデート

すると、黒い背景のウィンドウが表示されますので、カーソル位置に以下の文字列をコピペして[Enter]キーを押してください。

cd %programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\ClickToRun

以下のような入力状態です。ここで[Enter]キーを押します。

アップデート

次に、新しい行が表示されますから、今度は以下の文字列をコピペでカーソル位置に貼り付けてください。

officec2rclient.exe /update user updatetoversion=16.0.10325.20118

貼り付けてまた[Enter]キーを押すと、Officeの更新プログラム(8月14日のVersion 1807 (Build 10325.20118))のダウンロードが開始されます。

アップデート

ダウンロードにはしばらく時間がかかります。Officeが自動的に更新されます。

Wordで例示していますが、ExcelやOutlookも同時に古いバージョンに戻ります。

3.確認方法

バージョンの確認です。[ファイル]タブ[アカウント]をクリックして確認してみてください。以下のとおり、10325.20118と表示されています。

関連記事

【アドイン】Office 更新プログラムによる不具合の解決方法

以前のバージョンの Office 2013 または Office 2016 クイック実行に戻す方法

トップへ戻る