原文処理(プリエディット)

訳文の作成手順は以下の5段階あります。原文処理(プリエディット)について説明します。

  1. 原文処理(プリエディット)
  2. 訳文への用語集の適用
  3. 訳文処理(ポストエディット)
  4. 訳文のQAチェック
  5. 訳文の入力

概要

原文を少し修正すると訳文が編集しやすい形で生成されることがあります。

翻訳者は通常、原文の意味が分かりづらいとき(主語と述語の整合がとれていないとき)には頭の中で主語や述語を修正したりしています。そういう類いの作業をするのがこの工程です。

この原文処理(プリエディット)の手間があまりにも大きいときにはやらないほうがいいと思います。原文をいじることに時間をかけるよりは訳文を手入力したほうが速いときもあります。

これは適宜判断しながら翻訳をします。最初は、原文の修正が訳文にどのような変化をもたらすのか確認するために楽しみながらお試しください。分野や翻訳言語方向によりプリエディットの効果が異なります。

参考:

手順

日英翻訳の例

ダイアログが立ち上がったら、上の方にある[Prev]ボタン[Next]ボタンを使って翻訳対象の文章を取込みます。

文章がSource欄に表示されたらひとまず翻訳してみましょう。[GreenT]ボタンをクリックします。以下のようにTarget欄に訳文が入力されます。

よく読むと間違っています。このようなときに原文を修正して使えそうな(編集のしやすい)訳文ができるかどうか試してみます。

たとえば、右上にあるPreEdit欄に修正候補が表示されています。

「することができ  でき」のペアをクリックすると対象箇所が選択されます。これは、「することができ」を「でき」に変更でいないか?という提案です。

[Apply]ボタンをクリックすると「することができ」を「でき」に変更します。

ここで[GreenT]ボタンをクリックして翻訳をすると別の訳文が生成されます。

まだ誤訳箇所があります。文章が長いので正確に文章構造を把握できていないようです。このようなときには、文章を短くすることで解決できる場合があります。

「なっており、さらに」となっている箇所を「なっている。さらに」に変更して翻訳してみました。すると文章構造を正確に捉えた訳文が生成されます。

英日翻訳の例

英日翻訳でも同じようなことができます。英日翻訳での典型的な語訳例です。

conc.のピリオドを文末のピリオドと間違えて翻訳をした結果、おかしなことになっています。

このような省略語が含まれている場合、PreEdit欄に修正候補が表示されます。

concentration と concentrated の2つの修正案が表示されました。ここでは、concentrated の実であるので、こちらを選択して[Apply]ボタンをクリックして修正します。

[GreenT]ボタンをクリックして訳文を生成すると文章構造を正確にとらえた訳文になっていることが分かると思います。

応用

プリエディットの方法で別の文章でも使えそうなパターンがあれば登録できます。

[Customize]ボタンをクリックして編集画面を開きます。

以下のように[なっており、」と「なっている。」のペアを入力して[Add]ボタンをクリックします。すでに入力されているパターンの修正や削除もできます。

[Translation Tab]ボタンをクリックすると登録したパターンが検出されてPreEdit欄に表示されます。クリックして対象箇所を選択し[Apply]ボタンで修正します。

ノウハウを蓄積していくと修正候補が毎回提案されるので見逃すことがなくなります。また、修正作業を手軽にできるので便利です。

提案項目の制御

英語および日本語のプリエディットの指摘項目は月次アップデートにて自動更新されます。

プリエディットの効果的な利用例として随時項目を追加していきますが、不要な場合には全てオフにできます。

以下のように[Setting]タブの[Use Default PreEdit Items]をオフにしてください。

オフにすると、上記のように[Customize]ボタンにて登録した語句のみが指摘されるようになります。

関連記事

GreenT

プリエディットを用いた翻訳例(日英特許翻訳)

ご利用方法

トップへ戻る