【アプリ】西暦⇔和暦を手軽に実現

Atokのご紹介です。

実は、このソフト、西暦と和暦とを変換してくれます。

勉強会 に参加いただいた方から教えていただきました。どうもありがとうございます。

たとえば、「しょうわがんねん」と入力してスペースキーを押すと、以下のようになります。

なんと、西暦を表示するだけではなく、大正15年も表示してくれるのです。

ということは、「たいしょう15ねん」と入力してスペースキーを押せば、以下のようになるのですね。

今度は、昭和元年も候補として表示されています。

この細やかな心遣いうれしいですね。

さらに、「1926」と入力してスペースキーを押すと、以下のようになります。

素晴らしい!うれしいですね。今まで知りませんでした。

前回の記事で細かいところは不完全ながらもチェック用としてマクロを紹介いたしましたが、今回のAtokの機能は、文章の作成時に役に立ちますね。

関連記事

コメント

  • 2. Re:ATOK 2010でもできました!
    くま(翻訳者)さん、

    コメントをどうもありがとうございます。

    そういえば、私はAtok 2009を使っています。

    記事で表示されているものはAtok 2011でして誤解を与えてしまい失礼しました。

    ご確認をありがとうございます。

  • 1. ATOK 2010でもできました!
    ATOK2010でもできました。こんな便利な機能があるとは知りませんでした。(^^)
    くま(翻訳者)

トップへ戻る