GreenTをCATツールで利用する方法

GreenTをMemsource、Trados、memoQなどのCATツールで利用できます。

その場合の設定方法を紹介します。

CATツールからGreenTを起動する

GreenTはWordアドインですが、Word以外のアプリケーションからGreenTを呼び出すことができます。

この呼び出しには特定のショートカットキーを利用します。デフォルトでは、このショートカットキーはオフになっていますのでオンにします。

CATツールのエディター画面でTarget欄にカーソルを置いてショートカットキー([Windows]+[K])を押すと、原文を[GreenT]ダイアログ[原文]欄に自動入力してGreenTを起動できるというわけです。コピペの手間が省けます。

(参考:Word以外のアプリでGreenTを使う方法

文字の貼り付けがうまくいかない場合には、以下の設定方法もご覧ください。

(参考:クリップボードに訳文が保存されない場合の対処方法

CATツールの用語ベースをGreenTで利用する

Memsourceの場合には、エディタで利用する用語ベースをGreenTに読み込めます。この用語ベースを使って訳文を出力し、QAチェックをします。

(参考:Memsource のご利用方法

英訳時の訳文末尾のスペースを削除する

CATツールによっては、英文の末尾に半角スペースがあるとQAチェックでエラーになる場合があります。そのため、英文の末尾にスペースを挿入しない設定をご利用ください。

[GreenT]ダイアログ[Setting]タブで、文章間のスペースを[スペースなし]にします。

(参考:文章間のスペースの数の調整

関連ページ

トップへ戻る