Word以外のアプリでGreenTを使う方法

GreenTの翻訳用ダイアログボックスをWord以外のアプリケーションでも利用できます。

特定のショートカットキーを使って起動します。そのショートカットキーのオン・オフの切替方法を紹介します。

設定方法

ショートカットキーをオンにする

[アドイン]タブ[?]ボタンをクリックしてヘルプダイアログを開きます。

[Setting] タブの以下のチェックボックスをオンにします。

オンになると以下のメッセージが表示されます。

エラーメッセージが表示された場合には、こちらをご覧いただき対処してください。

※チェックボックス自体がグレーアウトされていて操作できない場合には、最新版をダウンロードして、「GreenT_Tools.exe」のインストールをやり直してください。

ショートカットキーをオフにする

[アドイン]タブ[?]ボタンをクリックしてヘルプダイアログを開きます。

[Setting] タブの以下のチェックボックスをオフにします。

以下のメッセージが表示されます。

メッセージに記載の通り、[Windows]+[C]のショートカットキーを押して、設定をオフにします。設定がオフになると、以下のメッセージが表示されます。

ショートカットキーの使用方法

[Windows] + [T]: 選択されている文字列をGreenT原文欄(Source欄)に入力します。

[Windows] + [K]: MemsourceとTradosでの利用を想定しています。

Memsourceの場合

WebアプリでもデスクトップのEditorでも同じ操作です。

Targetにカーソルを置きます。

この状態でショートカットキー([Windows] + [K])を押すと、SourceのテキストとTargetのテキストをGreenT原文欄(Source欄)訳文欄(Target欄)に入力します。

翻訳した後に[CB]ボタンをクリックすると、Memsourceの画面にフォーカスが移動し、元のカーソルの位置が選択されます。

訳文がクリップボードに保存されているので、[Ctrl] +[V]のショートカットキーで入力します。

Trados Studioの場合

翻訳対象のセグメントの訳文文節にカーソルを置きます。

この状態でショートカットキー([Windows] + [K])を押します。

すると、原文文節のテキストと訳文文節のテキストをGreenT原文欄(Source欄)訳文欄(Target欄)に入力します。

フォーカスがGreenTの訳文欄(Source欄)に移動していますので、通常のGreenTの操作をします。[GreenT]ボタンで翻訳をして訳文を作成します。

訳文の修正が終わったら、[CB(I)]ボタンをクリックします。

すると、今度はTradosの訳文文節にフォーカスが移動します。ここで、クリップボードに保存されている訳文を[Ctrl] +[V]のショートカットキーで貼り付けます。

設定時にエラーメッセージが表示されたら?

[Setting] タブの以下のチェックボックスをオンにしようとすると、以下のメッセージが表示されることがあります。

この場合、スタートアップフォルダ内の「GreenT_Tools.exe」の設定を変更します。

まず、[アドイン]タブ[?]ボタンをクリックして[ヘルプ]ダイアログを開きます。

[Setting] タブの以下のボタンをクリックします。

スタートアップフォルダが開きます。

フォルダ内の「GreenT_Tools.exe」を選択して右クリックメニューの[プロパティ]をクリックします。

[プロパティ]ダイアログが開きますので、[互換性]タブ[管理者としてこのプログラムを実行する]のチェック状態を確認してください。オンになっているとエラーが発生します。

これをオフにして[OK]ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。

これで設定は終わりです。再度、こちらの説明に従ってショートカットキーをオンにしてみてください。

関連ページ

GreenT

ご利用方法

ショートカットキー

トップへ戻る