翻訳支援ツール(Trados、Memsource、MemoQなど)のバイリンガルファイルに対応

翻訳支援ツール(Trados、Memsource、MemoQなど)を利用している場合、ツールから出力(エクスポート)されたバイリンガルファイルを使い、翻訳をチェックできます。

このようにすれば対訳表を作成する手間を省けて便利です。

また、修正もしやすくなっていますのでぜひご利用ください。

バイリンガルファイルとは

以下のように原文と訳文とがセグメントで対になって表示されているファイルです。

Memsourceの例

チェックをする場合、自動的にMemsourceと認識されます。そのままチェックできます。

Tradosの例

同様に、チェックする際にTradosのバイリンガルファイルであると認識されます。そのままチェックできます。

バイリンガルファイルのエクスポート方法

Memsourceの場合で説明します。

プロジェクトのジョブを選択して以下のボタンからエクスポートできます。

また、ジョブのファイルを開いて翻訳のエディター画面でも、以下の操作でエクスポートできます。

翻訳支援ツールでエクスポート方法は異なりますが、それぞれのマニュアルをご確認ください。

修正箇所にカーソルをジャンプ

[アドイン]タブの★ボタンをクリックすると、チェックファイルから元のファイルの対象箇所にカーソルをジャンプさせられます。

チェック結果の表示されたファイルで内容を確認し、元のバイリンガルファイルで修正をするような場合に便利です。

チェック後に、対訳表から元ファイルの対応箇所にジャンプする機能

関連記事

オンラインマニュアル

よくある質問への回答

PDFマニュアル

オンライン無料説明会

トップへ戻る