翻訳不要語の登録

英文和訳をしている場合、会社名や人名など日本語名(カタカナ表記)にせずアルファベットのまま記述をしたい場合があります。その場合の処理方法を紹介します。

たとえば、「Michaels」という会社があります。日本語の正式表記が決まっていないスタートアップ企業等の場合には、そのままアルファベットで訳すよう指示されることがあります。

Michaels is expanding its partnership with Microsoft.

ところが、ニューラル機械翻訳では勝手に「マイケルズ」と訳されています。このようにならないように翻訳不要語として登録をします。

翻訳不要語の登録手順

対象となる言葉(Michaels)を選択して[Ignore]ボタンをクリックします。

すると、Glossary欄に「Michaels」の訳語が「Michaels」であると登録されます。

この状態で[GreenT]ボタンをクリックして再度翻訳をします。すると、以下のような結果が得られます。めでたしめでたし。

関連ページ

GreenT

ご利用方法

訳文への用語集の適用

複数の候補から訳語を選択する

用語集の管理方法

翻訳不要語の登録

トップへ戻る