チェック後のフォントサイズや行間を指定する方法

Ver. 4.0以降、チェック後の対訳表の行間を指定できるようになりました。

これまでのバージョンでは、チェック後に見栄えが崩れることがありましたが、設定次第ではチェック前の対訳表と同じ書式を保持できます。お試しください。

これまでの課題

(チェック前)

原文の行間を1.5行、訳文の行間を1行に設定している場合を想定します。ちなみに以下の例でのフォントサイズは、原文が10.5ポイント、訳文が13ポイントです。チェックのしやすさ、読みやすさを考慮して、対訳表を作成後にフォントサイズや行間を調整するユーザーさんが多くいるようです。

(出典:Microsoft のWindows Azure Comes to the Rescue

上記での「行間」というのは、段落書式で設定する値のことです。以下の[段落]ダイアログ[インデントと行間隔]タブの赤枠内で設定する値です。

(チェック後)

これまでのバージョンでは、以下のように原文と訳文ともに行間が1行になります。フォントの種類や設定方法によっては、フォントのサイズが変わってしまうこともあります。せっかく整えたのに少し読みづらいですね。

この機能でできること

チェック前の対訳表のフォントサイズや行間を、チェック後の対訳表でも保持できます。原文と訳文に対してそえぞれ値を設定できます。

元の対訳表にあわせて原文の行間を1.5行、訳文の行間を1行に設定すれば、チェック後でもチェック前の状態と同じ見た目を保てます。

チェック後の対訳表の行間の設定方法

行間を指定する方法は以下の通りです。

[チェック]ダイアログ[オプション]ボタンをクリックします。

[オプション]ダイアログが表示されますので、[設定]タブの以下の項目を設定してください。

チェック後の対訳表のフォントサイズの設定方法

上記のダイアログの以下のボタンで指定できます。

関連記事

トップへ戻る