色deチェック 開発中のベータ版

正規の公開前のバージョンです。バグ修正したものを公開しています。

マニュアルを準備して、もう少し機能をブラッシュアップしてから公開します。お試しをいただき、ご要望があればお問い合わせフォームよりご連絡ください。

バージョン番号:Ver. 4.3β2

ベータ版公開日:2022年1月4日

Ver. 4.3を公開しました。ご利用ください。(2022年1月17日)

ダウンロード

自動インストーラー版と手動インストーラー版の両方が同梱されています。

青色の[ダウンロード]ボタンをクリックしてダウンロードをしてください。
[ダウンロード]ボタンが表示されていない場合、ブラウザを変更してください。

機能強化

チェック:キーワード着色の英文チェック機能の不定冠詞チェックの強化

現在のバージョン(4.2b)では、英文チェックの不定冠詞のチェックが正常に機能しない不具合があります。不具合を修正しました。

また、これまでは、誤判定(false positive)が多かったのですが、以下のような既知の誤判定をなくし、さらにこれまで見逃していた項目も間違っているとして蛍光ペンで着色できるようになりました。

正しいのに間違っていると判定されていた例

(今回のバージョンでは正しいと判断されるため、着色されません

a user
a unite
a euro
a one
a university
an honesty
an heir
間違っているのに正しいと判定されていた例

(今回のバージョンでは間違いと判断されるため、着色されます

an user
an unite
an euro
an one
an university
a honesty
a heir

引き続き誤判定をなくすよう改良を続けていきますので、お気づきの誤判定があればお問い合わせフォームよりご連絡ください。

バグ修正

全体:ライセンス更新時に設定が初期化されるバグを修正

新しいライセンスの仕組みで更新をした場合に、設定が初期化されてしまいます。チェック項目やチェック方向など初期状態に戻ってしまいます。大変失礼いたしました。

修正しました。

チェック:アップデート時に2バイト文字の設定が引き継がれないバグを修正

古いバージョンからVer. 4.2にアップデートした際に、以下のページで紹介している設定が引き継がれないバグがありました。修正しました。

日本語以外の2バイト文字(タイ語など)のチェックへの対処方法

対訳表作成:OneDriveのファイルを正しく扱えるように修正

OneDriveに保存されたファイルから対訳表を作成する際に誤動作をすることがありました。修正しました。

ツール:マーキング時の変更履歴の扱いを明記

[ツール]ダイアログには、蛍光ペンや文字色、文字書式によるマーキング機能があります。

これらのマーキングの種類により、変更履歴に記録された削除済みの文字列をマーキングしたりしなかったりとわかりづらさがありました。

現状のバージョンでは変更履歴がある場合にはメッセージが表示されるのですが、どのようにすればどうなるのかがわかりづらくなっておりました。

その結果、ユーザーのみなさんから問い合わせを多くいただくことになりました。

今回のバージョンでは、削除済みの文字列をマーキングするか否かを明記しました。

 チェック:ダイアログが表示されなくなる不具合を修正

[アドイン]タブ[色deチェック]タブ[チェック]ボタンをクリックしても[チェック]ダイアログが表示されない不具合がありました。修正しました。

関連ページ

色deチェック 使い方

トップへ戻る