【GreenT】訳文のQAチェック

訳文の作成手順は以下の5段階あります。訳文のQAチェックについて説明します。

  1. 原文処理(プリエディット)
  2. 訳文への用語集の適用
  3. 訳文処理(ポストエディット)
  4. 訳文のQAチェック
  5. 訳文の入力

概要

訳文を作成後に用語集の適用や数字の記述をチェックできます。また、使われている用語が既出の語句か否かを判定できます。特許明細書の英訳時の冠詞の判断や、勝手に入力されてしまう語句の確認に役立ちます。

デフォルトの設定では、[QA]ボタンをクリックしたときにのみQAチェックを実行できますが、機械翻訳で訳文を生成した直後にQAチェックを自動的に実行するように設定できます。

用語の適用や数字の記述は目視チェックが難しい場合があるので、ツールの力を借りてチェックをします。

用語集の適用と数字の記述のチェック

[QA]ボタンをクリックして、現在の翻訳文に対してチェックを実行します。

実行結果が表示されます。また、Target欄が水色になるのでQAチェック済みであることがわかります。

以下のようにQAチェックを実行すると[Translate] タブにチェック結果が表示されます。

用語集が適用されている場合に「○」印が表示されます。訳文中に訳語が1回以上記載されている場合に用語集が適用されていると判断します。適用されていない場合には「×」印が表示されます。

数字のチェックは、「○」「×」「△」で表示されます。

以下のように訳文中の「1」を「2」に書き換えた例をQAチェックしました。

この場合、原文では算用数字の1に対応する「one」が2回記載されており、訳文には漢数字の「一」が1回記載されています。その数がSource 2, Target 1として表示されています。

原文と訳文とで表示回数が同じ場合には「○」となり異なる場合には「△」になります。

原文と訳文とで片方しか記載されていない場合には「×」となります。

漢数字や和暦、スペル会うとされた英語表記の数字にも対応しています。チェックできない数字があればご連絡ください。

語句の初出・既出のチェック

以下のように用語集にて「模式図」を「schematic diagram」とする場合の翻訳でチェックを実行します。

また、今回の翻訳対象の前に以下のように英文が書かれていることを想定しています。

初出と既出のチェックは、以下のように[QA]タブから実行します。以下のチェック結果が表示されました。

「用語集の語句」と「数字で終わる語句」の2種類の語句について初出・既出をチェックします。今回の例では、翻訳対象となる文章の前に「initial screen 200」が書かれているので「○」が表示されました。

QAチェックの自動化の設定

用語集と数字のQAチェックは上記の通り[QA]ボタンをクリックして実行します。これを機械翻訳を実行した直後に毎回チェックするように設定できます。

[Setting]タブの以下の項目をオンにしてください。

関連記事

GreenT

トップへ戻る