翻訳メモリを編集する

翻訳メモリをGreenTのダイアログで編集できます。

■印のRead Only の翻訳メモリでは、以下のように[Add]ボタンのみがクリックできる状態になります。[Add]ボタンをクリックすると、Read & Write の翻訳メモリに登録されます。

○印のRead & Write の翻訳メモリでは以下のように3つのボタンをクリックできるようになります。原文や訳文の変更(Change)削除(Delete)、別のメモリとして追加(Add)ができます。

動画

メモリ機能の紹介① Memsourceプロジェクトマネージャー編(5分37秒)

メモリ機能の紹介② Memsourceリンギスト編(2分24秒)

関連記事

【GreenT】Memsource のご利用方法

トップへ戻る