【Word】1/4スペースの入力方法

フランス語では、細長いスペース(1/4スペース)を利用するのだそうです。

昨日、大先輩とランチをしているときに教えていただきました。

1/4スペースとは?

1/4スペース

上記は、Wordで使えるスペース4つの編集記号を示しました。

左から、「全角スペース」、「半角スペース」、「1/4スペース」、「改行をしないスペース」です。

「改行をしないスペース」は、かつて、Gmailから文字列をWordにコピペしたときに見られました。

最近は見なくなりましたが。

ちなみに、この「改行をしないスペース」は、[Ctrl] + [Shift] + [Space]で入力できます。

1/4スペースの入力方法

Wordでどのように「1/4スペース」を入力するのか調べてみました。

結論ですが、デフォルトではキーに割り付けられていないので、入力することができません。

よって、キーボードに自分で割り付ける必要があるのですね。

以下、「1/4スペース」を[Alt] + [Ctrl] + [Space] に割り付ける方法をご紹介します。

特殊な文字を頻繁に入力したい方にとって、応用がきくかもしれません。

Word 2010で説明いたします。

1.[ファイル]タブの[オプション]ボタンから、リボンのユーザー設定を開きます。

この画面で、ショートカットキーのユーザー設定ボタンをクリックして、「キーボードのユーザー設定」ダイアログを開きます。

ショートカットキー

2.「キーボードのユーザー設定」ダイアログにてキーの割付けをします。

あとは、キーボードにマクロを登録するのと同じですね。

今回は、このダイアログでにて左側の「分類」欄で「記号/文字」を選択し、右側の欄で「1/4スペース」を選択します。

ショートカットキー

今回は、[Alt] + [Ctrl] + [Space] を登録してみました。

[割り当て]ボタンを押せば、登録完了です。

トップへ戻る