【Win 8】インストールしました!速い!

Windows 8をインストールいたしました。

インストラクターのネタ帳の「Windows 8を選ぶ理由を一つだけあげるならば、パフォーマンスのよさ 」という記事にて、「遅くて仕方のなかったXPマシンにWindows 8を入れたら速くなったので再びそのマシンを使い始めた、という方もいらっしゃるとのことです。」という記述がありました。

ちょうど仕事のきりがついていたので、思い切って、Windows XP の ThinkPad X61 に Windows 8 をインストールをしてみました。

ThinkPad X61 の仕様

プロセッサ:Intel Core2 Duo CPU T8100 2.1GHz
実装メモリ:4.00 GB (2.99 GB 使用可能)
システムの種類:32ビット

2008年の前半に購入したものだと思います。

メモリは半年くらい前に増設しました。

それまで1GBでがんばってきましたが、セミナーのデモで重く感じることがあり増設をしました。

最近はメモリが安いですから、非常にいい投資でした。

4 GB で4000円弱って安すぎません?

経緯

かつて1GBのメモリの状態でWindows 7をインストールしたときにはさすがに遅すぎたため、アンインストールをしてWindows XPをインストールし直しました。

今回はメモリに余裕があるし、Windows 8は速いらしいということで、思い切って試したわけです。

Word 2003/2007/2010/2013もインストールをして、これからいろんな検証をする準備も整えました。

パフォーマンスの結論

まず結論からですが、Windows XPのときと全体的な動き(ソフトの立ち上げなど)は遜色ありません。

OSの起動と終了は、Windows 8の方が速いです。

あと、驚いたのが、Wordマクロの実行が速くなったことです!

最近開発中の、対訳表の作成や文章毎のアラインメントの作成マクロは、速くなりました。

もともと処理速度が速いとは言えないプログラムなので、そのスピードアップがよくわかるのです。

うれしい!

エクスペリエンス

私は、新しいガジェット(パソコン、iPad、kindleなど)がでてもあんまり積極的に使おうと思っていません。

新しさだけには正直興味がない感じです。用途がわかると使いたくなるんですが。

新しいことを始めるときに自分の時間とお金とが両方奪われる(すでにネガティブです^^)のが惜しいという、そんな貧乏性もあります。

だから、Wordマクロの導入で躊躇する人の気持ちをある程度わかるつもりです。

さて、そんな私ですが、Windows 8 の新しい経験って面白い!って思ってしまいました(笑)。

そもそもパソコンは仕事マシンなので、新しい経験なんて別にどうでもいいよね、とか思っていました。

ただ、Windows 8 の見た目の楽しさや美しさを体験すると、ああ、やっぱり視覚的な、また操作感の新鮮さや刺激って大切かもって思い始めています。

もともと、視覚的な安心感や気持ちよさは大切だと思ってマクロを開発していますが、デザイン(これは私の守備範囲外)のよさってやっぱり大切ですね。

特に、Windows XPから一気にWindows 8 にバージョンアップしたので、そう感じるところもあるでしょう。

今後、Word 2013 の使用感やWordマクロの互換性などの検証を少しずつやりながら報告させていただきたいと思っています。

トップへ戻る