【ATOK】入力文字種が勝手に切り替わる?

Windows 8では、Wordマクロを使っているとATOKの入力文字種(ひらがな・カタカナ・半角英語など)が勝手に切り替わったり、入力方式(ローマ字入力・かな入力)が切り替わったりします。

つまり、入力モードが勝手に切り替わってしまうのです。どうやら、VBAの実行と関連して、アプリケーションから入力モード変更の信号が出ているようです。それをATOKが受けて、入力モードを変更しているらしいのです。

私はWindows 8 ではATOKをインストールしていなかったため、このことに気づきませんでしたが、最近、「山猫の手」のユーザーの方からご連絡をいただいて知りました。チェックが遅くてすみません。

具体的な症状として、例えば、ローマ字入力でひらがなを入力しているときに「山猫の手」を立ち上げたら、急に半角英語の入力になってしまうのです。

「山猫の手」を翻訳支援のインターフェースに使っているのに、スムーズな文字入力ができなくなってしまいます。困りますね。

どうやら、アプリケーションの種類や、Windows のバージョンとも関連していそうです。この症状自体は、Windows 8 の前から報告されていたようですね。

最新版のATOK 2013 も試用版を使って試しました。
調べた結果、ATOK 2013 の場合には、以下の方法で制御できることがわかりました

残念ながら、それ以前のバージョンについては、よくわかっていません。手元にある ATOK 2009 での対処方法を探しましたが、まだわかりません。すみません。

以下の記事をどうぞご覧ください。

【ATOK】入力文字種が勝手に切り替わる?(その2)

方法(ATOK 2013の場合)

ATOKがオンになっている状態で、[Ctrl] + [F10] を押します。

するとメニューが表示されるので、プロパティ(環境設定)を選択します。

すると、以下のダイアログが表示されます。

[入力・変換]タブ > [入力補助] > [特殊]

ここで表示されるダイアログで [設定一覧] にて [アプリケーションからのモード変更を無視する] のチェックを入れます。

16-06-073

これで、OKボタンをクリックしてダイアログを閉じてください。

関連記事

山猫の手 目次

起動を [Ctrl] + [H] にするには?

個別のチューニングサービス

チューニングサービスの個別対応の申し込み方法

トップへ戻る