【コード】文書中で使われている書式を確認するWordマクロ

「ホントのフォント」使用中の書式を瞬時に判定 で紹介した処理で使われているマクロを紹介します。

「ホントのフォント」では、ユーザーフォームを用いてダイアログボックスを表示させていますが、以下のマクロでは、メッセージボックスを使っています。

そういう意味で完全に同じものではありませんが、処理の考え方は一緒です。

このマクロでできること

下付き
上付き
太字
斜体
下線(一重線)
取消線
蛍光ペン

の書式を文書中から探し、使われている書式をメッセージボックスで表示します。

文字書式

マクロの解説

7種類の書式を使っていますので、7つを場合分けをして処理をしています。

このような場合の場合分けには、Select Caseステートメントが便利です。

かつて書いたブログ では、If と ElseIf を組み合わせる方法を紹介しましたが、少しわかりにくいですね。

マクロ


Sub Style_Check()

 Dim myRange As Range
 Dim myStyle(1 To 7) As String
 Dim i As Integer
 Dim myStyleFound As String
 Dim blnStyle As Boolean
 
 myStyle(1) = "下付き"
 myStyle(2) = "上付き"
 myStyle(3) = "太字"
 myStyle(4) = "斜体"
 myStyle(5) = "下線(一重線)"
 myStyle(6) = "取り消し線"
 myStyle(7) = "蛍光ペン"
 
 For i = 1 To 7
  Set myRange = ActiveDocument.Range(0, 0)
  With myRange.Find
   .Text = ""
   .Forward = True
   Select Case i
    Case 1
     .Font.Subscript = True
    Case 2
     .Font.Superscript = True
    Case 3
     .Font.Bold = True
    Case 4
     .Font.Italic = True
    Case 5
     .Font.Underline = wdUnderlineSingle
    Case 6
     .Font.StrikeThrough = True
    Case 7
     .Highlight = True
   End Select
   .Wrap = wdFindStop
   .Execute
   If .Found = True Then
    myStyleFound = myStyleFound & vbCr _
           & myStyle(i)
   End If
  End With
 Next
 
 Set myRange = Nothing
 
 If Len(myStyleFound) <> 0 Then
  MsgBox "現在の文書で使用されている書式" & vbCr _
     & myStyleFound, vbInformation, "検索結果"
 Else
  MsgBox "見つかりませんでした。", _
     vbExclamation, "検索結果"
 End If
End Sub

関連記事

「ホントのフォント」の目次

マクロコードの登録方法

ツールバーのボタン登録

トップへ戻る