【コード】フォルダパス誤入力時の実行結果の違い

先日の東京のワードマクロ勉強会 にて気がついたことがありますので紹介します。

私ひとりだと、まだエラー処理を完璧にできていないため、このような場でみなさまからいただく声が非常に大切です。ありがとうございます。

さて、日経パソコンでの連載 で紹介した、指定したフォルダを開くマクロがありました。

マクロ


Sub フォルダーを開く()
  Dim myPath As String
  myPath = "フォルダーパス"
  Shell "C:\Windows\explorer.exe " & myPath, vbNormalFocus
End Sub

このマクロでは、青も字部分で指定したフォルダをエクスプローラーで開きます。
(詳細は、「目的の場所に瞬間移動 」をご覧下さい)

青文字部分のフォルダのパス を入力して実行します。

誤入力時の実行結果の違い

(Windows 7の場合)
上記の青文字部分のフォルダパスに誤記があったとしても、マクロが動きます。

エクスプローラーを開き、マイドキュメントのフォルダを表示します。

(Windows XPの場合)
フォルダパスに誤記があると、エラーを表示して実行がとまってしまいます。

ご注意下さい。

トップへ戻る