【コード】オートコレクト、オートフォーマットをデフォルト設定にするWordマクロ

先日の「オートコレクト、オートフォーマットをオフにする」に続き、Wordのオートコレクトをデフォルト設定に戻すマクロです。

このマクロでできること

Wordのオートコレクトをデフォルトの設定に戻します。

マクロの解説

オートコレクトのデフォルト設定 にそって、オンとオフを設定します。

マクロ


Sub オートコレクトをデフォルト設定にする()

 '■[オートコレクト]タブ
 With Application.AutoCorrect
  .CorrectInitialCaps = True '2文字目を小文字にする
  .CorrectSentenceCaps = True '文の先頭を大文字にする
  .CorrectTableCells = True '表のセルの先頭文字を大文字にする
  .CorrectDays = True '曜日の先頭文字を大文字にする
  .CorrectCapsLock = True 'CapsLockキーの押し間違いを修正する
  .ReplaceText = True '入力中に自動修正する
  .ReplaceTextFromSpellingChecker = True '入力中にスペルミスを自動修正する
  .DisplayAutoCorrectOptions = True '[オートコレクトオプション]ボタンを表示する
 End With

 '■[数式オートコレクト]タブ
 With Application.OMathAutoCorrect
  .UseOutsideOMath = False '数式エリア以外で数式オートコレクトを使用する
  .ReplaceText = True '入力中に自動修正する
 End With

 '■[入力オートフォーマット]タブ
 With Application.Options
  '入力中に自動で変更する項目
  .AutoFormatAsYouTypeReplaceQuotes = True ' ''を'’に変更する
  .AutoFormatAsYouTypeReplaceOrdinals = True '序数を上付き文字に変更する
  .AutoFormatAsYouTypeReplaceFractions = False '分数を分数文字(組み文字)に変更する
  .AutoFormatAsYouTypeReplaceSymbols = True 'ハイフンをダッシュに変更する
  .AutoFormatAsYouTypeReplacePlainTextEmphasis = False ''*'、'_'で囲んだ文字列を太字、斜体に書式設定する
  .AutoFormatAsYouTypeReplaceFarEastDashes = True '長音とダッシュを正しく使い分ける
  .AutoFormatAsYouTypeReplaceHyperlinks = True 'インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する
  .AutoFormatAsYouTypeApplyFirstIndents = False '行の始まりのスペースを字下げに変更する
  
  '入力中に自動で書式設定する項目
  .AutoFormatAsYouTypeApplyBulletedLists = True '箇条書き(行頭文字)
  .AutoFormatAsYouTypeApplyNumberedLists = True '箇条書き(段落番号)
  .AutoFormatAsYouTypeApplyBorders = True '罫線
  .AutoFormatAsYouTypeApplyTables = True '表
  .AutoFormatAsYouTypeApplyHeadings = False '規定の見出しスタイル
  .AutoFormatAsYouTypeApplyDates = False  '日付スタイル
  .AutoFormatAsYouTypeApplyClosings = True '結語のスタイル
       
  '入力中に自動で行う処理
  .AutoFormatAsYouTypeFormatListItemBeginning = True 'リストの始まりの書式を前のリストと同じにする
  .TabIndentKey = True 'Tab/Space/BackSpaceキーでインデントとタブの設定を変更する
  .AutoFormatAsYouTypeDefineStyles = False '設定した書式を新規スタイルとして登録する
  .AutoFormatAsYouTypeMatchParentheses = True 'かっこを正しく組み合わせる
  .AutoFormatAsYouTypeDeleteAutoSpaces = False '日本語と英数字の間の不要なスペースを削除する
  .AutoFormatAsYouTypeInsertOvers = True '記などに対応する以上を挿入する
  .AutoFormatAsYouTypeInsertClosings = True '頭語に対応する結語を挿入する
 End With

 '■[オートフォーマット]タブ
 With Application.Options
  '自動で適切なスタイルを設定する個所
  .AutoFormatApplyHeadings = True '規定の見出しスタイル
  .AutoFormatApplyLists = True '箇条書き(行頭文字)
  .AutoFormatApplyBulletedLists = True 'リストのスタイル
  .AutoFormatApplyOtherParas = True 'その他の段落スタイル
  
  '自動で変更する項目
  .AutoFormatReplaceQuotes = True ''’を’’に変更する
  .AutoFormatReplaceOrdinals = True '序数を上付き文字に変更する
  .AutoFormatReplaceFractions = False '分数を分数文字(組み文字)に変更する
  .AutoFormatReplaceSymbols = True 'ハイフンをダッシュに変更する
  .AutoFormatReplacePlainTextEmphasis = True ''*'、'_'で囲んだ文字列を太字、斜体に書式設定する
  .AutoFormatReplaceHyperlinks = True 'インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する
  .AutoFormatApplyFirstIndents = True '行の始まりのスペースを字下げに変更する
  .AutoFormatMatchParentheses = True 'かっこを正しく組み合わせる
  .AutoFormatDeleteAutoSpaces = True '日本語と英数字の間の不要なスペースを削除する
  .AutoFormatReplaceFarEastDashes = True '長音とダッシュを正しく使い分ける
  
  '変更しない項目
  .AutoFormatPreserveStyles = True 'スタイル
    
  '常に自動で書式設定する項目
  .AutoFormatPlainTextWordMail = True '電子メール経由で受信したメッセージ
 End With

End Sub

トップへ戻る