【コード】書類の蛍光ペンをすべて解除する

Wordの便利機能として、蛍光ペンでの着色があります。

特定のキーワードを着色すれば、画面上で目視確認するときに探しやすいですね。

書類に入れるべき項目は黄色、NGワードは赤色、図面番号は水色、日付は明るい緑色などルール化すれば、書類の確認作業が簡単になりますね。

ただし、これらは最終的にすべて解除する必要がありますね。
納品する書類や、提出する書類、社内の共有資料に蛍光ペンがついていたら、それを読む人は迷いますよね。

そこで、書類の蛍光ペンを一括で解除するマクロを紹介します。

先日のワードマクロ勉強会 でさりげなく紹介したら、妙に喜んでくれた方がいらっしゃいました。

案外、必要な方はいらっしゃるのかも。

このマクロでできること

文書中のすべての色の蛍光ペンを解除します。
カーソル位置はマクロの実行前後で変わらないので、その点が便利ですね。

蛍光ペン解除の作用としては、

  1. [Ctrl] + [A] で文書全体を選択
  2. 蛍光ペンの「なし」を選択

と同じですが、上記の通り、カーソルの移動が伴わないのが利点。

マクロ


Sub No_HighLight()
  ActiveDocument.Range.HighlightColorIndex = wdNoHighlight
End Sub

トップへ戻る