【コード】コメントを書き出す(その2)

先日紹介いたしました「コメントを書き出すマクロ 」を改良して、表を作成するようにしてみました。

このマクロでできること

書き出したタブ区切りのコメントを表にします。

コメント例

実行後、新しい文書が開かれて、上記のコメントが表になります。

原文のコメントはそのまま残ります。

16-06-286

マクロの解説

赤文字の通り、表を作成して、セルに1つずつコメントを追記します。

このループの記載は、エクセルマクロの考え方と同じですね。1行ずつ順番に処理をしていきます。

AutoFitBehavior メソッドを使って表のセルの幅を調整しています。

マクロ


Sub コメントを別紙に書き出すマクロ_2()

 Dim i As Integer
 Dim actDoc As Document
 Dim newDoc As Document
 Dim myTable As Table
 
 If ActiveDocument.Comments.Count = 0 Then Exit Sub

 Set actDoc = ActiveDocument
 Set newDoc = Documents.Add
 Set myTable = newDoc.Tables.Add(Range:=Selection.Range, _
       NumRows:=actDoc.Comments.Count, NumColumns:=2)

 For i = 1 To actDoc.Comments.Count
  With actDoc.Comments(i)
   myTable.Cell(i, 1).Range.Text = .Scope.Text
   myTable.Cell(i, 2).Range.Text = .Range.Text
  End With
 Next i
  
 With myTable
  .Style = "表 (格子)"
  .AutoFitBehavior (wdAutoFitContent)
 End With
 
 Set actDoc = Nothing
 Set newDoc = Nothing

End Sub

コメントに関するマクロ

トップへ戻る